心理学コース

心を知る 心でつながる

心理学コースでは、実験心理学分野と臨床心理学分野があり、基礎から実践まで幅広く心理学について学べます。実験心理学分野では、認知心理学、社会心理学、発達心理学、家族心理学などを専門とする教員がおり、実験や調査を駆使して、人の心の働きや仕組みを科学的に明らかとしていきます。臨床心理学分野では、人の心の働きについて、人間がそれぞれの発達段階に応じて直面する様々な悩みや困難から理解し、有効な心理的援助の方法を探ります。いずれの分野でも地域実践の授業が充実しており、心理学の専門的な学びを実践的に理解し活かすことができます。同時に、専門に分かれた後も他の分野の科目を履修することが可能で、専門を学びながらも心理学の学びの幅広さを維持することができます。

カリキュラムの特色

心理学コースでは、興味に応じて段階的に専門性を深めることができるカリキュラムが組まれています。1年次後期では、心理学概論、心理学実験演習Ⅰなど、心理学を専門的に学ぶ上での基礎を習得します。その後、2年次からは自ら選択する専門分野を中心に履修し、自分の関心を明確にしていきます。そして、3年次からは多くの演習科目や地域実践展開科目が設定され、それまでに習得した知識を展開していくことができ、4年次の卒業研究へとつながります。
なお、カウンセラーなど対人援助職を志望する場合、資格取得(臨床心理士、公認心理師など)のため、島根大学大学院をはじめとした大学院進学を視野に入れて学んでいく必要があります。

取得可能な資格・想定される卒業後の進路

コース名取得可能な資格想定される卒業後の進路
心理学
認定心理士
社会福祉主事
臨床心理の専門職(公認心理師、臨床心理士など)を目指した大学院進学、児童養護施設、医療機関、公務員、企業(商品やサービスの開発・企画・営業担当者など)etc.

心理学コースの履修モデル

下記のPDFをご参照ください。

1.履修モデル【心理学コース:公認心理師,臨床心理士志向】.pdf(31KB)
2.履修モデル【心理学コース:民間企業就職志向】.pdf(30KB) 

心理学コースオリジナルページ

こころとそだちの相談センターホームページ