学部紹介

人間科学部の概要

こころを知る からだを知る 人をささえる

人間の特性を深く理解し、人々がその人らしく生きることができる社会を実現していく人材を育成

人間を心理的・身体的・社会的側面から多角的にとらえる力が身につく

心理学、福祉社会、身体活動・健康科学がコースとして独立しつつ、互いに融合してカリキュラムを構成しています。 また、他学部と連携して、関連科目も学べます。

地域実践と科学的思考を往還させる力が身につく

地域実践に関する科目が充実しています。さらに、仮説検証的に考える力を育成する科目、理論化・体系化を促す科目が有機的に関連しています。

他領域の人々と連携する力が身につく

人間のかかえる問題に対して、他者と連携して取り組む力が身につくように、学部全体で行うインタラクティブ・プレゼンテーション・ミーティングを設けています。

 

人間科学部の3コース

入学後(1年次前期終了時)に、本人の志望と1年次前期の成績を基にして、各コースへの配属を行います。

心理学コース

(約35名)

人の心や行動の仕組みや働きについて臨床心理・実験心理の知見から学び、人間へ多様にアプローチする力を養う。

福祉社会コース

(約25名)

社会福祉学の理論や技術を学び「人をささえる」という視点から、社会が抱える問題について考えて実践する力を養う。

福祉社会コース

(約20名)

身体活動などを通じて、健康を科学的に学ぶ。地域住民とともに健康課題の解決を進めるための知識・技術・実践力を育む。

 

学部長挨拶


人間科学部長 村瀬 俊樹

挨拶はこちら