身体活動・健康科学コース

身体を知る、健康をつくる

身体活動・健康科学コースでは、幅広い身体活動を通じて、人々の健康を科学的に学びます。現在、健康長寿社会の実現に、日常での生活活 動を含めた「身体活動全体」の重要性が再認識されています。
身体活動・健康科学コースでは、健康衣料素材学、病理学、環境保健学、バイオメカニクス、運動生 理学、運動処方論を専門とする教員を有しており、身体活動・健康科学に関する幅広い専門知識を学 ぶことができるだけでなく、ヘルスケアビジネスに関わる実習を通して、地域と積極的にふれあい、 人々の健康を支え「健康長寿社会」を担える能力を持った人物を育成します。

カリキュラムの特色

身体活動・健康科学コースでは、1年次から運動生理学、解剖学などの「健康身体科学」に関する講 義やスポーツ文化論などの「健康社会科学」に関する専門科目を受講することができます。また、2 年次からは、学内での講義に加え、スポーツ指導実習や社会保健施設実習といった「地域実践展開」に 関する実習を地域に出て体験することができます。
本コースでは、行政職、運動指導職、ヘルスケアビジネス職など、多方面で活躍できる人材の育成を 目指しています。そのため、3年次以降では、将来の就職志向に応じたカリキュラム編成ができる ように選択科目を増やし、健康に関する幅広い知識や技術が深められるようにしています。

取得可能な資格・想定される卒業後の進路

コース名取得可能な資格想定される卒業後の進路
身体活動・健康科学
社会福祉主事 健康増進施設、健康・スポーツNPO、警察官・消防士などの公務員、健康関連の企業(ヘルスケアビジネス)、一般企業の厚生部門・衛生管理者、大学院進学 etc.

身体活動・健康科学コースの履修モデル

下記のPDFをご参照ください。

5.履修モデル【身体活動・健康科学コース:行政職志向】.pdf(36KB)
6.履修モデル【身体活動・健康科学コース:運動指導職志向】.pdf(34KB)
7.履修モデル【身体活動・健康科学コース:ヘルスケアビジネス職志向】.pdf(34KB) 

身体活動・健康科学コースオリジナルページ